ワークショップ

大好評!
お客様のご要望にお応えしました

教育で、こんな課題を抱えていませんか?

RPAをいきなり学ぶのは心配

社員のIT知識のレベル感が心配

RPAを初めて学ぶ際に必要な、プログラムロジックの考え方。確かに、まったく知識のない初心者にとっては、いきなりRPA開発を学ぶことから始めるのは不安ですよね。

プログラムロジックの考え方を
ワークショップで楽しく学ぶ

01. ストーリー主導型の学習
未来都市「ネオ・アカデミア」を舞台にしたこのワークショップでは、ストーリー主導型の学習を通じて、プログラムロジックの基礎を楽しく学びます。

ネオ・アカデミアの舞台設定:
ネオ・アカデミアは未来の都市で、先進的な技術と知識が融合しています。参加者はこの都市に住む学生として、先生ロボットと共にミッションに挑みます。 このワークショップは、プログラミング未経験者から初心者だけでなく経験者にも楽しんでご参加いただける、幅広い対象者に向けて設計されています。物語の中で先生ロボットと共に、新たなスキルを身につける冒険に出かけ、未来を創造する力をここで養いましょう!

この物語はフィクションです。#voicwvox青山龍星

ストーリーに基づいたシナリオ:

  • ワークショップの参加者は、架空の感染者を治療するための「治療薬」を配布するミッションに挑戦します。
  • 先生ロボットはプログラムされた指示に従って動き、参加者は先生ロボットに指示を出し目標を達成します。
  • このストーリーを通じて、条件分岐繰り返し処理関数変数を習得し、プログラミングのロジックの考え方を流れで理解していくことで、実践的な問題解決能力を養います。

02. 実践的なコマンドパッド
マグネットパネルとホワイトボードを用いた体験的な学習方法を通じて、プログラミングのロジックを実践的に理解し、自由にプログラムを書き換えながら学習できます。参加者はクリエイティブな問題解決能力を養いながら、楽しくプログラミングを学ぶことができます!

  1. マグネットパネルの活用:
    • マグネットパネルは、プログラムのコマンドをシンプルな形で表現するためのツールです。
    • 参加者は、マグネットパネルに書かれたコマンドを組み合わせてプログラムを作成します。
    • 条件分岐や繰り返し処理を自由に組み立てることができ、直感的にプログラムロジックを理解できます。
  2. ホワイトボードの役割:
    • ホワイトボードは、プログラムのフローチャートや概念を視覚的に表現するために活用します。
    • 参加者は、ホワイトボードにプログラムのステップや条件を描き、全体の構造を整理します。

03. クリエイティブな問題解決
このワークショップでは、与えられたコマンドパネルを組み合わせて効率的なロジックを構築することで、クリエイティブな思考とチームワークを促進します。

  1. コマンドパネルの組み合わせ:
    • 参加者は、与えられたコマンドパネルを工夫して、目標を達成するための最適なプログラムを作成します。
    • どのコマンドを使うか、どの順序で組み合わせるかを考えることで、クリエイティブな問題解決スキルが養われます。
  2. 効率的なロジックの構築:
    • ロボットを効率的に動かすために、コマンドの組み合わせを最適化します。
    • 参加者同士でアイデアを共有し、異なるアプローチを試してみることで、クリエイティブな発想が生まれます。
  3. チームワークの重要性:
    • ワークショップでは、参加者同士が協力して問題を解決します。
    • チームメンバーと意見を交換し、アイデアを組み合わせて新たな解決策を見つけることで、クリエイティブな思考が活性化します。

このワークショップを通じて、プログラムロジックをクリエイティブに構築し、チームワークを通じて新たなアイデアを生み出す力が養えます!

お客様の声


■「このワークショップを通じて、より深く考える力がついた気がします。」
■「説明がとてもわかりやすく、初心者の私でも楽しんで学べました。」
■「グループワークで一緒に問題を解決するのが新鮮で、学びが深まりました。」
■「物語を通して学ぶので、飽きることなく、最後まで集中して取り組むことができました。」
■「少し難しい部分もありましたが、それがまた良い挑戦でした。大変勉強になりました。」
■「ゲーム感覚で取り組めるので、楽しみながらプログラミングのロジックを理解できました。」
■「以前からマクロの基本は知っていましたが、今回のストーリー仕立てのワークショップは非常に理解しやすく、面白かったです。」
■「ゲームを通じてプログラミングについて学ぶことができました。難しい部分もありましたが、とても楽しめました。」
■「最初はプログラムを組むという作業がイメージしにくかったのですが、徐々に理解が深まり、最終的には難しい問題も解説を通じて理解できるようになり、良い経験となりました。条件分岐や繰り返しの概念についても理解が深まったと感じています。」
■「関数や条件分岐など、さまざまな要素を用いてプログラムを作成する方法を学ぶことができました。」
■「プログラミングは難しいという印象がありましたが、ゲームを通じて学ぶことで、少し易しく感じられました。非常に興味深かったです。」

よくある質問


Q.ワークショップ1回あたりの費用はどのくらいですか?
A.研修内容や参加人数で変動しますのでご相談の上、お見積りさせていただきます。

Q.ワークショップ1回あたり何名まで参加できますか?
A.24名まで参加可能です。

Q. このワークショップは何時間ありますか?
A.3~4時間程度を想定しております。

Q. 社員研修として検討していますが、会社に来てもらえますか?
A.はい!もちろんでございます。


ワークショップのお問い合わせはこちら